美白になりたい!

白くて綺麗な肌の方って憧れますよね。

もともと色黒の私はすごく憧れます!!

 

美白に関連する成分はいろいろあるみたいだけど

どんなものがあるの?そして何を取ればいいの?

 

そんな疑問が湧いてきたので

今回は美白に関係する成分について紹介します。

 

今回は美白に関連する成分である、5つの成分について紹介します。

①ハイドロキノン

②トラネキサム酸

③アルブチン

④ビタミンC誘導体

⑤コウジ酸

 

 

①ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミやくすみの原因となるメラニンの予防と改善効果が期待できます。

しかし、実際にハイドロキノンを使用しているコスメは限られています。

ハイドロキノンは効果が強いため、使用には注意が必要です。

たくさんつけたらからといって、白くなる効果が強くなるというわけではありません。

逆に肌が荒れてしまう事があります。

使用上の注意を守って使うようにしましょう。

ハイドロキノン配合石けん!69%OFF最安値挑戦中【エクセレントメディカル】

 

②トラネキサム酸

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑えて、シミやソバカスを防ぎ、

ホルモンバランスの乱れによって年齢とともに生じる肝斑などにも

効果が期待できると言われています。

医療用の薬としても使われています。

 

③アルブチン

アルブチンはシミの元となるメラニンの生成を抑える働きによって

美白効果があるとして、注目されている成分です。

↓↓美白効果のあるアルブチンとトラネキサム酸が配合されています。

 

④ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、このチロシナーゼという酵素の活性を阻害する効果があリます。

このチロシナーゼ発生に関与しており、ビタミンC誘導体がメラニンの生成が抑制されます。

そのため、シミを予防する効果に期待できます。

ビタミンC誘導体は様々な美白成分の中でも、

安価なものが多く、続けやすいものが多いと考えられます。

 

⑤コウジ酸

コウジ酸は、シミのもとメラニンをつくる酵素の働きを抑えることがわかってきました。

「コウジ酸」は日本で発見された天然由来成分です。

化学成分では肌が荒れてしまいような、苦手な方には適しているかもしれません。

 

 

今回は、美白成分についてまとめてみました。

成分の名前がわかってくると

化粧品を買いにいあった時に、表示を見て、

「この成分が入ってる!よし、肌にいいぞ!」

って思って気持ち的にも happyになります!

 

ぜひ化粧品の裏の成分表もみてみてください!!!

 

 

 

他にも美白効果のある化粧品があるので、よかったらみてみてください↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *