ダイエット中、便秘にならないために!

ダイエット中は食事量が減るため、

どうしても便秘になりがちです。

 

ダイエット中便秘にならないために便秘対策を今回は紹介します。

 

 

①食物繊維をとる

食物繊維は野菜、海藻、こんにゃく、きのこ、穀類などに含まれます。

食物繊維は体に吸収されず、食べたもののカスのようなものです。

野菜やこんにゃく、きのこはカロリーも少ないため、ダイエット中にたくさん取りましょう。

 

②発酵食品を摂る

発酵食品(はっこうしょくひん)とは、食材を微生物などの作用により発酵させ加工した食品です。

ヨーグルト、納豆、キムチ、味噌、漬物、甘酒などがあります。

これらを摂取することによって、腸内環境を整えることができます。

腸内環境を整えることで、便秘の解消のみならず、美肌につながると言われています。

ダイエット中はこのような食品を積極的にとるようにしましょう!

「ほんまでっか!」TVで話題沸騰!乳酸菌を使った新しいマウスウォッシュ【ラクレッシュ】

 

③水を2リットル程度のむ

水分が取れていないと、代謝も悪くなるし、便秘もするし、いいことありません。

そのため、1日2リットルを目標にとりましょう。

その際は、ジュースや清涼飲料水ですと、糖分も摂取してしまいますので、

水かお茶などカロリーのないものを飲みましょう。

ジュースのカロリーゼロのものは甘味料が入っているため、これもあまりよくないです。甘味料には依存性があったり、糖代謝に悪影響を及ぼす可能性があるという報告があります。なので、控えた方がいいと思われます。

 

④お腹のマッサージを行う

お腹をマッサージし、刺激することによって、腸の運動を促しましょう。

腸の流れに合わせて、

右足の付け根→右胸の下→左胸の下→左足の付け根

の順にゆっくりクルクルとお腹をマッサージします。

これを寝る前や入浴中に行うと

腸の動きを促され、次の日の朝のすっきり感が変わってきます。

入浴中に行うと体が温まっておりリラックスもできるため、より効果が高まります。

ぜひやってみてください!

 

⑤ストレッチを行う

お腹周りの筋肉を伸ばすことによって、腸の運動を促すことができます。

特に普段デスクワークなどで体を動かすことの少ない方にオススメです。

脇腹を伸ばしたり、前屈したり、後屈したりすることによってお腹全体を動かすことができます。

 

 

これらを組み合わせて便秘のないダイエット生活を送りましょう!!

 

 

 

 

 

 

「ほんまでっか!」TVで話題沸騰!乳酸菌を使った新しいマウスウォッシュ【ラクレッシュ】













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *